Windows 10で印刷時に発生するBSODエラー"APC_INDEX_MISMATCH"の修正方法を共有

S 20210310 101046

Microsoftが公開したWindows 10用の3月の月例更新プログラムを適用すると、一部のプリンターを使用している環境でBSODエラーが発生する不具合が報告されています。

Microsoftはすでにこの問題を認め、サポートフォーラムで不具合の回避方法を提供していましたが、この情報が公式にWinodws 10のリリース情報ページにもまとめられています。

S 20210313 211935

この情報によると、今回の不具合が影響する更新プログラムは以下の通りです。

不具合が影響するのは、Type 3のプリンタードライバーを使用している場合のみで、Type 4のドライバーには影響しません。更新プログラムを適用する前に、プリンタードライバーの種類を確認することが推奨されています。

手順は以下の通りです。

  • Windows検索を開く
  • 「printmanagement.msc」と入力
  • 印刷の管理ウィンドウで、プリントサーバーを開く。
  • コンピューター名をクリック。
  • プリンターを選択して、ドライバータイプを確認。

Type 3のプリンタードライバーが表示されている場合、Windows Updateを一時停止することで不具合を回避することが可能です。

なお上記の手順を行う場合、「印刷の管理コンソール」機能を有効にしておく必要があります。コンソールを有効にするにはWindows検索で「オプション機能の管理」を検索し、オプション機能の画面で「機能の追加」をクリックし、「印刷の管理コンソール」を有効にします。

APC_INDEX_MISMATCHを修正する

Type 3プリンタードライバーを使用していて、すでに問題の更新プログラムを適用している場合、ブルースクリーンが発生する可能性があります。この場合、以下の手順で不具合を回避することができます。

  • 管理者権限のコマンドプロンプトを起動。
  • 以下のコマンドを実行。プリンターの名前は実際のものに置き換える。
    rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Xg /n “KX driver for Universal printing”
    
  • 上記コマンドを実行するとプリンターのUIが開く。Attributesに「Direct」と表示されていない場合、以下のコマンドを実行してダイレクト印刷を有効にする。
    rundll32 printui.dll,PrintUIEntry /Xs /n "KX driver for Universal printing" attributes +direct
    

Microsoftは修正に取り組んでおり、 来週中には解決策を提供できる見込みとのことです。

スポンサーリンク