Windows 10のフローティングスタートメニュ・タスクバーが検討中か

Windows 10 floating design

Microsoftが今年後半に公開する予定のWindows 10 Version 21H2 「Sun Valley」は、UIの刷新を含む大型アップデートになると見込まれています。

Fluent DesignやWinUIに沿ったデザインの変更が進められ、ウィンドウの角が丸みをおび、スタートメニューやタスクバーもより滑らかなデザインになると予想されているなか、Microsoftがスタートメニューがタスクバーから視覚的に分離された、新しいデザインの検討を行っていることがわかりました(Windows Latest)。

New Start Menu

検討中のデザインではスタートメニューがタスクバーから分離するほか、ライブタイルや静的なタイルの角も丸くなるそうです。

Windows 10 jump list

それだけでなく、タスクバーのアイコンを右クリックした際に表示されるWindows 10のジャンプリストも、タスクバーから分離したフローティングデザインが採用される可能性があるとのこと(画像はモックアップです)。

そのほか、設定アプリ内のポップアップや、コンテキストメニュー、パスワード、アラートその他テキストボックスの角も丸くなり、よりモダンな外観になるとされています。

2021年後半に公開される「Sun Valley」はアップデートは、ひさびさに公開されるWindows 10のメジャー機能アップデートとして多数の新機能が追加されると予想されています。

スポンサーリンク