Windows 10 Insider Preview Build 21318が公開 - Devチャンネル向け、新しいコピペ機能が追加

S 20210220 100736

Microsoftは本日、Windows 10のプレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 21318」をリリースしました(Windows Blog)。今回のビルドはARM64デバイスにも提供されています。

公開されたプレビュー版は、Windows 10の開発ブランチから直接公開されるもので、将来の機能アップデートで追加される可能性のある、さまざまな新機能が先行して実装されています。Windows Insider Programの更新オプションでDevチャンネルを選択しているユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

なお、Devチャンネルは新機能が先行して追加されるかわりに不安定になりやすく、安定性を求めるユーザーに対してはBeta/Release Previewチャンネルの選択が推奨されています。Windows Insider Programのチャンネルごとのビルドの提供状況はFlight Hubで確認可能です。

Build 21318の新機能

Build 21318の新機能は以下の通りです。

リップボードの履歴をプレーンテキストとして貼り付け: クリップボード履歴を開き(WIN + V)、クリップボード履歴内のテキストベースのエントリの横にある...ボタンをクリックすることで利用可能。元のフォーマット(フォント、色、サイズなど)を使用せずに、クリップボードのテキスト内容を貼り付け、保存先のドキュメントのフォーマットと一致させることができる。

Paste in plain text

最初はDevチャンネルの一部のインサイダーを対象に展開。

Microsoft Garageプロジェクト「Journal」でインクファースト体験を探る: 今週Microsoft Garageのプロジェクトである「Journal」を発表した。デジタルペンを使って素早く表現し、アイデアを進化させることができるWindows用のアプリ。Microsoftストアからインストール可能。

S 20210220 101641

公式ブログには細かな不具合の修正や、既知の不具合もリストアップされていますので、インストールする前に確認しておくことをおすすめします。