Windows 10 Insider Preview Build 21343が公開 - ファイルエクスプローラーのアイコンが刷新

S 20210325 100104

Microsoftは本日、Windows 10のプレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 21343」をリリースしました(Windows Blog)。

公開されたプレビュー版は、Windows 10の開発ブランチから直接公開されるもので、将来の機能アップデートで追加される可能性のある、さまざまな新機能が先行して実装されています。Windows Insider Programの更新オプションでDevチャンネルを選択しているユーザーは、Windows Updateを利用して最新版に更新することができます。

なお、Devチャンネルは新機能が先行して追加されるかわりに不安定になりやすく、安定性を求めるユーザーに対してはBeta/Release Previewチャンネルの選択が推奨されています。Windows Insider Programのチャンネルごとのビルドの提供状況はFlight Hubで確認可能です。

目次

Build 21343の新機能

Build 21343の新機能は以下の通りです。

ファイルエクスプローラーの新しいアイコン: アイコン刷新の取り組みとして、組み込みアプリに続き、ファイルエクスプローラーで使用されているシステムアイコンの多くが更新された。

フォルダアイコンの向きやデフォルトのファイルタイプアイコンなどが変更され、Microsoft製品間での一貫性が強化された。特に、「デスクトップ」、「ドキュメント」、「ダウンロード」、「ピクチャ」などのトップレベルのユーザーフォルダのデザインが変更され、一目で見分けることができるようになった。ごみ箱のアイコンも更新された。

File explorer icons

Windows SandboxおよびMicrosoft Defender Application Guard(MDAG)の改善: 「Windows Sandbox」と「Microsoft Defender Application Guard」は、Windows 10に搭載された特殊なコンテナ技術を活用している。これまでは、コンテナのランタイムはホストにあわせていたが、Build 21343からは、コンテナのシナリオに合わせて設計・最適化された新しいランタイムを使用する。このランタイムは軽量で、Windows SandboxとMicrosoft Defender Application Guardの両方で起動時間を短縮できる。

公式ブログには細かな不具合の修正や、既知の不具合もリストアップされていますので、インストールする前に確認しておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる