Windows 10の累積アップデートKB4535996でPCのスリープモードが動作しなくなる不具合が報告

S 20200228 91707

Microsoftが2月下旬に公開したWindows 10 Version 1903/1909用のオプション更新プログラムKB4535996ではこれまでにさまざまなタイプの不具合が報告されています。

そもそもインストールができないといった不具合のほか、更新プログラム適用後にも、システムのフリーズや、SignTool.exeのクラッシュ、ゲームのFPSの低下や音声の途切れ、BSODの発生など、さまざまな症状が発生するといわれているなか、あらたにPCが正常にスリープできなくなるという問題も報告されている事がわかりました(MSPoweruser)。

今回の問題はMicrosoftフォーラムやTwitterなどさまざまな場所で報告されており、更新プログラム適用後にPCがスリープモードから自動的に復帰するという不具合のようです。

問題に遭遇したTwitterユーザーの一人は、Windows 10の最新の更新プログラムであるKB4537572および、KB4535996をインストールして以来、コンピューターが数時間ごとにスリープ状態から復帰してしまうとコメントしています。

またMicrosoftフォーラムにも、KB4535996を適用後にラップトップとデスクトップの両方がスリープモードにならないという情報が寄せられています。

これらの不具合の個別の解決策は今のところ不明ですが、更新プログラムをアンインストールすることで問題を回避することが可能な模様です。

更新プログラムのアンインストール手順は以下の通りです:

  • 「設定 > 更新とセキュリティ」を開く
  • Windows Updateで「更新の
    履歴を表示する」を選択
  • 更新のアンインストールをクリック
  • KB4535996を選択してアンインストール
  • 再起動する

必要ならばセーフモードで実行します。