Windows 10 Version 2004/20H2用の更新プログラムKB5001330でさらなる不具合が発生中

S 20210414 94943

Windows 10 Version 2004/20H2用の更新プログラムKB5001330では、ゲームのフレームレートが低下するなどのパフォーマンス上の問題が報告されています。その後、KB5001330ではこれ以外にも、Windows Mixed Realityヘッドセットに接続されている場合にエラーが発生したり、企業で使われているデバイスでDNSに関する問題が発生するなど、さらなる不具合が報告されていることがわかりました(Windows Latest)。

まずWindows Mixed Realityヘッドセットに接続している場合、アップデートが取得できないという問題が報告されています。

The quick answer to what happened is that when we released an update to the Feature on Demand (FOD) for WMR, it hit a bug that could leave Windows Update in a bad state. The fix so that it doesn’t get into a bad state is in KB5000802

何が起こったのかを簡単に説明すると、WMRのFOD(Feature on Demand)のアップデートをリリースした際に、Windows Updateが悪い状態になる可能性のあるバグに当たってしまったのです。不良状態にならないようにするための修正は、KB5000802にあります。

Microsoftは、3月の月例更新プログラムKB5000802でこの不具合が修正されたと説明していましたが、4月の月例更新プログラムKB5001330でも同様の不具合が発生している模様です。

HoloLensやMixed RealityのFOD(Feature On Demand)を解除することで、更新プログラムがインストールできるようになる可能性があります。またエラーコード0x8007000dで失敗する場合以下の回避策が提案されています。

  • ヘッドセットを外し、コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行
    dism /online /remove-capability /capabilityname:Analog.Holographic.Desktop~~~~0.0.1.0
  • システムを再起動する。
  • アップデートを確認する。

企業デバイスのDNS・共有フォルダの問題

KB5001330ではまた企業で使われているデバイスで、ネットワークの共有フォルダにアクセスしようとすると問題が発生するとの報告が行われています。

Dentrix社によると、最新の累積アップデートで行われた変更により、Link Layer Multi-cast Name Resolution(LLMNR)グループポリシーをユーザーが手動で無効にしている場合に、DNSや共有フォルダーの問題が発生する可能性があるとのこと。

LLMNRポリシーはデフォルトで有効ですが、ネットワーク品質を向上させるために手動で無効にしているユーザーも存在し、その場合に問題が発生しているそうです。

Dentrix社はMicrosoftと協力し解決策を発見したと説明しています。今後のアップデートで問題が解決することが期待されます。

スポンサーリンク