Windows 10 KB5001649が0x80070541エラーでインストールできないエラーが発生

S 20210319 211057

Microsoftは先日、Windows 10で発生している印刷問題を修正するための2番目の緊急パッチを公開しました。しかしこの中で、Windows 10 Version 2004/20H用の更新プログラムであるKB5001649がエラーコード0x80070541または0x80070070によってインストールに失敗するという問題が発生している模様です(Windows Latest)。

エラーは、3月9日に公開された3月の月例更新プログラムとの互換性の問題によって発生している模様。「We couldn’t install this update, but you can try again (0x80070541). 2021-03 Cumulative Update for Windows 10 Version 20H2 for x64-based Systems (KB5001649)」という、以下のようなエラーメッセージが表示されます。

KB5001649 update error 0x80070541 1

問題は広範囲で発生しているようで、Windows Latestは所有するすべてのデバイスでエラーを再現することができたとのこと。ただしMicrosoft Update Catalogから手動で更新プログラムをダウンロードし、インストールすることで問題を回避することができるそうです。

KB5001649の0x80070541エラーの回避方法

0x80070541エラーを回避するためにスタンドアロンインストーラーをダウンロードしてインストールする場合、以下の手順を実行します。

  • Microsoft Update Catalogを開く。
  • 目的の更新プログラムのKB番号を入力。
  • Windows 10のバージョンやエディションに該当する更新プログラムをダウンロードする。
  • ダウンロードした「.msu」ファイルを実行してインストールする

その他問題が落ち着くまでWindows Updateを一時停止することも可能です。「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update」の「詳細オプション」で「更新の一時停止」期間を指定します。この場合最大35日間の一時停止が可能です。