Windows 10 KB5004237はパフォーマンス問題の解決に失敗か、再修正版が間もなく登場へ

S 20210714 90859

Microsoftが先日したWindows 10 Version 2004/20H2/21H1の月例更新プログラムKB5004237に含まれていた、ゲームのパフォーマンスが低下する不具合の修正が完全ではなかったとWindows Latestが指摘しています。

3月以降にリリースされたWindows 10の累積アップデートでは、フレームレートが安定しないとか、特定のゲームでカクツキが発生するといったゲーム関連の問題が報告されています。

KB5004237ではこの問題が修正されているはずでしたが、更新プログラム適用後も同じ問題が発生していると、Redditに以下のようなコメントが書き込まれています。

Once again, I am still having gaming performance issues since KB500842.

またしても、KB5000842以降のゲーミングパフォーマンスの問題が発生しています。

Somebody from Microsoft really needs to get this resolved. The workaround is to set your power plan to "High Performance" but I prefer to stay on the "Balanced" power plan.

Microsoftの誰かがこの問題を解決する必要があると思います。電源プランを "ハイパフォーマンス"に設定するという回避策もありますが、私は "バランス"にしています

Windowsにはさまざまな電源プランが用意されていて使用目的に応じてパフォーマンスを優先したり、電力の使用量を減らしたりすることができます。Windows 10のバグにより、電源プランが意図した通りに機能しておらず、一部のゲームでFPSの低下やパフォーマンスの問題が発生しているのではないかとみこまれています。

MicrosoftはWindows 10で発生しているゲームの問題の修正にとりくんでいて、Windows 10 Build 19044.1149またはBuild 19043.1149では、Windowsが電源プランやゲームモードを無視することはなくなるとのこと。

Microsoftは修正を来月の月例更新プログラムで提供する予定のようですが、それまではサードパーティ製ツールなどを使い、好みの電源プランに強制的に変更することで問題を回避することが可能です。

スポンサーリンク