Windows 10 May 2020 Updateの一般提供が開始

S 20200528 91523

Microsoftは5月27日(現地時間)、Windows 10の新しい機能アップデート「Windows 10 May 2020 Update(Version 2004)」の一般提供を開始したことを発表しました(Neowin)。

Windows 10 Version 1903/1909を使用している場合はWindows Updateを利用し、手動で更新をチェックする事でインストール可能です。互換性の問題が発生していない場合は、「設定 > 更新とセキュリティ > 更新プログラムのチェック」で、更新プログラムが表示され、「今すぐダウンロードしてインストール」を実行可能です。

ただし機能アップデートは今後数週間にわたり段階的に公開範囲が拡大する予定で、互換性の問題が発生していなくてもWindows Updateで機能アップデートが表示されない場合もあります。その場合更新アシスタントやメディア作成ツールを利用してアップグレードする事もできます。

Windows 10 Version 2004はマイナーアップデートだったVersion 1909と異なり多数の新機能が追加されています。WSLのメジャーバージョンアップ版である「Windows Subsystem for Linux 2」の導入や、新しいCortanaアプリの追加、メモ帳の改良、ファイルエクスプローラーの検索機能の改良などが行われています。