Windows 10 May 2020 UpdateでOneDriveのファイルオンデマンド機能が動作しない不具合が発生

S 20200624 95710

Microsoftは5月27日(現地時間)、Windows 10の最新の機能アップデート「Windows 10 May 2020 Update(Version 2004)」の一般提供を開始しました。機能アップデートは約15ヶ月の長期にわたりテストが行われてきましたが、公開後、多数の不具合が存在することが明らかとなっています。

今回新たにMicrosoft Tech Communityで、Windows 10 May 2020 Updateにアップグレードした後、OndDriveのファイルオンデマンド機能が正常に動作しなくなったという問題を一部ユーザーが報告し始めたことが分かりました(Neowin)。

エラーが発生すると「OneDrive cannot connect to Windows(OneDriveがWindowsに接続できません)」というエラーが表示され、同期されていないファイルをダウンロードすることも、そのファイルを開くこともできないという症状が発生するようです。

OneDrive cannot connect

フォーラムのコメントには、OneDriveのリセットやレジストリの「Cldflt」エントリの調整など、いくつかの回避方法が提案されていますが、全ての場合に有効な方法ではないようです。

現在この問題は既知の不具合のリストには含まれていませんが、Microsoftはユーザーに対する返答で「Windows 10 May 2020 Updateには進行中の問題があり、多くのユーザーが影響を受けている」ことを認めています。多くのユーザーが影響を受ける問題なら、不具合のリストに追加され、今後修正プログラムが提供されることが予想されます。