Windows 10にビデオ会議システムが内蔵へ? - 設定アプリのさらなる拡充も

Win10

MicrosoftはWindows 10のプレビュービルドでさまざまなテストを実施しています。

Windows Insider Program参加者向けに公開されたBuild 20211では、コントロールパネルの一部機能を設定アプリに移行するための計画が立てられている証拠が見つかったなか、これ以外にも設定アプリや、システムトレイ/シェルに関連した新機能の開発が進められていることがMicrosoft Program Database(PDF)ファイルの情報より判明しています(Windows Latest)。

まず明らかになったのは「設定 > システム > 情報」に、グラフィックカードの情報を表示するという計画です。システムに1枚以上のグラフィックカードが搭載されている場合、「情報」画面のプロセッサの下にグラフィックカードの情報が表示されるようになるとのことです。

また他の参照情報により、MicrosoftがSkypeの無料ビデオ会議機能をWindows 10のシェルに直接統合する可能性があることを示す情報が発見された模様です。この新機能では、システムトレイに「Meet Now」ボタンが表示され、アイコンをクリックするとフライアウトが表示され、正体コードを入力して会議を作成したり、会議に参加したりすることができると思われます。

現在「Meet Now」はSkypeのビデオ会議機能として利用可能で、Microsoft Teamsと異なり、SkypeやMicrosoftアカウントなしに利用できるという特徴を持っています。新型コロナウィルスの影響により在宅勤務や在宅学習ユーザーが急増するなか、Windows 10から直接利用できるビデオ会議ツールが望まれているのかもしれません。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる