Windows 10の新しいフローティングスタートメニュー

Windows 10 floating Start Menu

Microsoftは現在、2021年秋公開予定の機能アップデート「Sun Valley」で、UIの大幅な刷新に取り組んでいるといわれています。今回、このSun Valleyアップデートによってスタートメニューがどのように変わるのかを予想したしたコンセプト画像をWindows Latestが作成して公開しています。

New Start Menu

新しいUIはウィンドウの角が丸くなるのが特徴で、これにはスタートメニューやアクションセンター、テキストボックスが含まれます。また、スタートメニューやアクションセンターはWindows 10Xと同様に、タスクバーから分離して表示される、フローティング効果が採用されると見込まれています。なお当初は角の丸み(半径)を変更したり、フローティング効果をオフにするオプションはないと予想されています。

コンセプトは必ずしも実現することが保証されたものではありませんが、リーク情報や、WinUI 3の公式モックアップを参考しており、全く根拠がないものではありません。

Sun Valleyアップデートで導入される変更は、今後数ヶ月の間にWindows Insider Programのテスター向けにゆっくりとロールアウトされていき、スタートメニューやアクションセンターの他にも、アラーム&クロック、メール&カレンダーなど、Windows 10組み込みアプリの大幅な再設計も行われると予想されています。

スポンサーリンク