Windows 10で新たな印刷関連の不具合が発生

S 20210917 200836

Microsoftは9月16日(現地時間)、Windows 10 Version 21H1などに影響するあらたな印刷関連の不具合の存在を認めました(Windows Latest)。

Windows 10 Version 21H1の既知の不具合をまとめたページには、新たに「アプリが印刷しようとするたびに管理者の認証が必要になる」という項目が追加されています。

不具合の内容は、2021年8月の月例更新プログラムKB5005033またはそれ以降の更新プログラムをインストールした後、ポイント&プリントを使用している一部の環境では、アプリがプリントサーバーに印刷しようとしたり、プリントクライアントがプリントサーバーに接続したりするたびに、「このプリンタを信頼しますか」というプロンプトが表示され、管理者の認証情報のインストールが必要になる場合があるというもの。

プリントクライアントとプリントサーバーのプリントドライバが同じファイル名を使用しているにもかかわらず、サーバーの方が新しいバージョンのファイルを持っていることが原因とのことです。プリントクライアントがプリントサーバに接続すると、より新しいドライバファイルが見つかり、プリントクライアントのドライバを更新するよう促されるものの、インストール用に提供されるパッケージ内のファイルには、より新しいバージョンのファイルが含まれていないことが理由だと説明されています。

今回の不具合は以下のプラットフォームに影響します。

  • Client: Windows 10, version 21H1; Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909; Windows 10, version 1809; Windows 10 Enterprise LTSC 2019; Windows 10 Enterprise LTSC 2016; Windows 10, version 1607; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; Windows 7 SP1
  • Server: Windows Server 2022; Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1909; Windows Server, version 1809; Windows Server 2019; Windows Server 2016; Windows Server 2012 R2; Windows Server 2012; Windows Server 2008 R2 SP1; Windows Server 2008 SP2

Microsoftは回避策とし、すべての印刷デバイスで最新のドライバを使用していることを確認し、可能であればプリントクライアントとプリントサーバで同じバージョンのプリントドライバを使用する方法を提案しています。