Windows 10のサポートが2025年10月に終了するのは既知の情報だった?

Windows10 home and pro

Microsoftが公式サポートドキュメントを更新し、Windows 10のサポートが2025年10月14日をもって終了することが判明したと報じれれています。

ドキュメントには「マイクロソフトは、2025 年 10 月 14 日まで、少なくとも 1 つの Windows 10 半期チャネルを引き続きサポートします」との文章が掲載されていますが、この文章がWayback Machineによると少なくとも2020年9月からウェブサイトに掲載されていたことがわかりました(Windows Central)。

Wayback Machineの情報に加え、Windows Centralは当時、Microsoftのサポートタイムラインに関し、メインストリームサポートの終了が2020年10月13日で、セキュリティアップデートとバグフィックスが2025年10月14日まで続くと報じていたと説明しています。

サポートページの情報は必ずしも実体を表しているとはいえず、Windows 10は同ページに記載されているメインストリームサポートの終了日を過ぎても更新され続けており、また別のドキュメントでは、Windows 10のさまざまなバージョンの異なるサポート終了日の概要が示されています。

このため、サポート終了日がWindows 11の登場に関連している可能性は低いとWindows Centralは指摘しているのです。

一方、著名なWindows系ブログThurrottのコメント欄で
Paul Thurrott氏は『Microsoftが「Windows 10」ではなく「Windows 10のいくつかのバージョン、オリジナルバージョンまたはその他」がサポートを終了すると大々的に発表したのは、今回が初めてだ』と主張していますが、その根拠は示されていない模様です。