パフォーマンスやシステムフリーズにつながるWindows 10の根深い不具合が修正?

S 20201110 200749

Microsoftは現在、Windows 10の最新バージョン「Windows 10 October 2020 Update(Version 20H2)」の段階的な公開を進めています。

Version 20H2は春に公開されたVersion 2004のマイナーバージョンアップ版で、十分機能が安定している事が期待されますが、Version 2004自体にシステムのパフォーマンスが低下したり、フリーズしたりといった深刻な不具合が報告され続けている事がわかりました(Windows Latest)。

具体的な不具合はMicrosoftコミュニティフォーラムや、Redditで報告されており、ゲームやアプリがフリーズし、ハードリセットハードリセットするまで何も出来なくなると報告しているユーザーも存在します。また別のユーザーは、Version 2004にアップグレード後、システムがランダムにフリーズし、リセットするまで反応しなくなったとコメントしています。

なおMicrosoftが先月末に公開したVersion 2004/20H2向けのプレビュー版更新プログラムKB4580364では、これらの問題に関連しているかもしれない不具合が修正されています。

Addresses an issue with a deadlock in the Transmission Control Protocol/Internet Protocol (TCPIP) driver that causes the operating system to stop working or stop responding.

「オペレーティングシステムが動作を停止したり、応答を停止したりする原因となるTCPIP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)ドライバのデッドロックの問題に対処」したとのことです。

プレビュー版更新プログラムの修正は11月の月例更新プログラムとして一般ユーザーに対しても公開され、パフォーマンスの低下やシステムフリーズの問題が解決することが期待されます。