【悲報】Windows 10の印刷機能の不具合再び

Windows 10 logo

Windows 10の3月の月例更新プログラムを適用した環境で、特定のプリンターを使用している場合に印刷しようとすると、BSODが発生しPCがクラッシュするという問題が報告されていました。不具合は先日公開された緊急パッチで修正されましたが、それとは別の印刷関係の不具合が発生していることが新たに判明しています。(窓の杜)。

Windows 10 Version 20H2の既知の不具合をまとめたドキュメントには、以下のような項目が追加されています。

S 20210318 201336

不具合の内容は、2021年3月9日または3月15日にリリースされたアップデートを適用したあと、予期せぬ印刷結果が発生するというもので、以下のような内容がリストアップされています。

  • バーコード、QRコード、ロゴなどのグラフィック要素など、ドキュメントの要素が黒一色のボックスとして印刷されたり、欠けたりする場合がある。
  • 表の罫線が印刷されない場合がある。アライメントやフォーマットの問題が発生する可能性も。
  • 一部のアプリケーションやプリンタで印刷すると、ページやラベルが空白になることがある。

今回の不具合はWindows 10 20H2を含め以下のプラットフォームに影響します。

  • Client: Windows 10, version 20H2; Windows 10, version 2004; Windows 10, version 1909; Windows 10, version 1809; Windows 10 Enterprise LTSC 2019; Windows 10, version 1803; Windows 10 Enterprise LTSC 2016; Windows 10, version 1607; Windows 10 Enterprise 2015 LTSB; Windows 8.1; Windows 7 SP1
  • Server: Windows Server, version 20H2; Windows Server, version 2004; Windows Server, version 1909; Windows Server, version 1809; Windows Server 2019; Windows Server, version 1803; Windows Server 2016; Windows Server 2012 R2; Windows Server 2012; Windows Server 2008 R2 SP1; Windows Server 2008 SP2

Microsoftは問題解決に向けて作業中で、近日中に修正を提供する予定だとしています。