【朗報】Windows 10に問題を引き起こす更新を自動削除する機能が追加へ

Windows 10 logo

Windows 10では更新プログラムのインストールが定期的に実行されますが、条件によってはアップデートを適用することでシステムに問題が発生することも皆無ではありません。

発生する問題のなかでも特に深刻な問題である、アップデートのインストール後に再起動に失敗するという問題に対し、Microsoftは起動時に問題を引き起こしたアップデートを自動的に削除する対策を導入することがわかりました(Softpedia)。

Microsoftが3月12日づけで公開したドキュメント「Why were recently installed updates removed?」には以下のような情報が掲載されています。

Windows automatically installs updates to keep your device secure and running at peak efficiency. Occasionally, these updates can fail due to incompatibility or issues in new software. Your device has recently recovered from a startup failure if you have received this notification: "We removed some recently installed updates to recover your device from a startup failure." If Windows detects this, it will try to resolve the failure by uninstalling recently installed updates. This is only done when all other automatic recovery attempts have been unsuccessful.

起動の失敗をWindowsが検出した場合、(全てのトラブルシューティング機能が失敗した場合にのみ)最近インストールした更新プログラムをアンインストールすることで問題の解決を図るとのこと。その場合は、以下のようなポップアップが表示される模様です。

Windows 10 Uninstalling Updates

問題の原因となった更新プログラムは30日間自動インストールがブロックされ、その間にMicrosoftおよびパートナーが原因を調査し問題を解決することになります。

なおアンインストール自体が間違っていると考えられる場合、手動でドライバー品質アップデートをインストールすることも出来るとのこと。

間もなく公開される3月の月例更新でこの機能が動作するのかどうか注目を集めそうです。

スポンサーリンク