Windows 10の更新プログラムKB4598242とKB4598229で発生している不具合の一覧

S 20210113 102712

Microsoftは先日、月例更新の一環としてWindows 10の各バージョンに対し、最新の更新プログラムKB4598242(2004/20H2)、KB4598229(1903/1909)などを公開しましたが、これらの更新プログラムに関するさまざまな問題が報告されていることがわかりました(Windows Latest)。

インストールの失敗

まず更新プログラムのインストールが、「エラーコード 0x8007000d」等で失敗するという問題が報告されています。エラーコードはこれ以外にも、以下のものがリストアップされています。

  • 0x80070002
  • 0x800719e4
  • 0x80073701
  • 0x800f081f

以前の累積アップデートでも発生していたパターンで、Windows Updateの実行に必要なファイルが破損している事が原因だと見込まれています。

メディア作成ツールを利用したインプレースアップグレードで問題が解決する可能性があります。

システムの自動修復とBSOD

またKB4598242やKB4598229を適用した後、デバイスが自動修復モードで起動するという問題も報告されています。

I got an “Automatic Repair” boot loop issue with this update on Lenovo T14 AMD. I have tracked down the issue to update KB4598229. Immediate boot failure and reset without any BSOD or any other error. It just boots me into the recovery environment after failing the last boot

「Lenovo T14 AMDにアップデートを適用した後、自動修復の起動ループ問題が発生した」とRedditで報告されているほか、Microsoftコミュニティフォーラムでも同様な問題が報告されています。コマンドプロンプトでDISMコマンドを使って問題を解決することができたというユーザーのコメントも書き込まれています。

さらに「BSOD bad pool caller」でブルースクリーンが発生するという問題も報告されています。

The system gets stuck in BSOD bad pool caller and the update needs to be rolled back before the system can boot properly. Windows keeps trying to install the update without success

その他、オーディオの問題や、ファイルエクスプローラーの検索バーが応答不能になる問題など、2020年に発生していたのと同じような不具合が引き続き報告されており、手動でアップデートを再インストールするなどの対策が有効であると考えられます。

スポンサーリンク