Adobe Flash Playerを永久に葬り去るWindows 10のアップデートが準備中

Windows 10 logo

Adobeは2020年12月31日をもってFlash Playerのサポートを終了し、Windows 10でFlash Playerを使用している場合、サポート終了を通知するポップアップが表示されるようになっています。

それだけでなく、今月の後半あるいは来月には、Adobe Flash Playerを削除するための、Windows 10の更新プログラムがWindows Updateで提供される予定であることがわかりました(Windows Latest)。

Microsoftはすでに「Adobe Flash Playerの削除関する更新」と題した更新プログラムKB4577586をMicrosoft Update Catalog経由で公開しています。

Microsoftのロードマップによると、このKB4577586が、2021年初頭にオプションの更新プログラムとしてWindows Updateで提供されるようになり、EdgeからもFlash Playerが自動アップデートによって削除される予定となっているのです。

なおKB4577586は、Windows 10に同梱されている(アプリケーション一覧に表示されている)Flash Playerを削除するためのもので、ユーザーが手動でインストールしたFlash Playerには影響しません。Flashを別のソースから自分でインストールしていた場合の削除方法はこちらで確認する必要があります。

スポンサーリンク