Microsoft、Windows 10 Version 1909ユーザーに対し迫り来る期限切れの警告を開始

Windows 10 end of support

Microsoftが、Windows 10 Version 1909またはそれ以前のWindows 10のバージョンを使用しているユーザーに対し、Windows 10 Version 2004/20H2へのアップグレードを強く推奨する新たな通知を始めたことがわかりました(Windows Latest)。

システムトレイにサービス期間の終了を喚起する通知が表示されるそうで、通知を非表示にすることもできますが、アップグレードしない場合再び表示されるそうです。

Windows 10 will reach end of service

以下のようなメッセージが表示されています。

Your version of Windows 10 will reach end of service soon. Click to download a newer version of Windows 10 to stay supported

お使いのWindows 10のバージョンはまもなくサービス終了に達します。サポートを継続するには、クリックしてより新しいバージョンのWindows 10をダウンロードしてください。

Windows 10 Version 1909のサポート期間は2021年5月11日に終了する予定で、終了が近づくにつれアップグレードがより強く推奨されていくことになりそうです。またサポート期間が切れが近い、あるいは切れたデバイスに対する強制アップグレードが行われることもあります。

なおWindows 10 Version 2004/20H2へのアップグレードの障害となる既知の不具合はほぼ解消していますが、未知の障害や、互換性の問題によってデバイスが推奨バージョンへアップグレードできないことも考えられます。その場合Microsoftが提供している、更新アシスタントやメディア作成ツールを使用してアップグレードすることも可能です。

スポンサーリンク