Microsoft、Windows 10用のマイクロコードアップデートKB4346084等をリリース

S 20180823 80547

Microsoftは22日、SpectreなどインテルCPUの脆弱性を修正するWindows 10 Version 1803用の累積アップデートKB4346084をリリースしました(gHacks)。

同時にVersion 1709用のKB4346085、Version 1703用のKB4346086、Version 1607用のKB4346087、Version 1507用のKB4346088も公開されています。現時点では更新プログラムはMicrosoft Update Catalogでしかダウンロードできない状況のようです。

更新プログラムは2018年初頭に発見されたIntel CPUの脆弱性Spectre Variant 2に加え、最近発見されたSpectre variants 3aと4などへの対策が盛り込まれています。

Intel recently announced that they have completed their validations and started to release microcode for recent CPU platforms that are related to Spectre Variant 3a (CVE-2018-3640: "Rogue System Register Read (RSRE)"), Spectre Variant 4 (CVE-2018-3639: "Speculative Store Bypass (SSB)"), L1TF (CVE-2018-3615, CVE-2018-3646: "L1 Terminal Fault"). In addition to microcode updates previously released in KB4100347​ to address Spectre Variant 2 (CVE 2017-5715: "Branch Target Injection"), this update also includes microcode updates from Intel for the following CPUs.

更新プログラムはサポート対象のプロセッサが搭載されたシステムでだけ適用可能で、システムがSpectre脆弱性に対処済みかどうかを確認するにはInSpectre等のツールを使用することができます

スポンサーリンク