Windows 10 Version 20H2で発見された最新のバグに注意

S 20201124 133537

Microsoftは先日、Windows 10 October 2020 Update(20H2)の一般提供を開始しました。Version 20H2は2020年前半に公開されたVersion 2004のマイナーバージョンアップとして、十分に安定していることが期待されますが、残念ながら不具合が皆無というわけではないようです。

Windows LatestがWindows 10 Version 20H2で発見された最新の不具合をまとめ、注意を呼びかけています。

Microsoftは20H2でオーディオドライバの問題を認識し調査を行っていることを明らかにしましたが、その後Windows Updateやマルチタスクの問題が報告されている模様です。

設定反応が不反応になる

まずWindows 10 Version 20H2の設定画面で更新のチェック中に固まってしまうという問題が報告されています。

シャットダウンや再起動をするたびに「更新とシャットダウン」「更新と再起動」と表示され、シャットダウンや再起動に時間がかかるようになったとのことです。

問題はMicrosoft Edgeに関係しているようで、累積アップデートを適用したあと、Microsoft Edgeを一度起動すれば問題が解決するという情報もあります。

Alt+Tabスイッチャーが壊れる

次にAlt+Tabのマルチタスク機能で間違ったウィンドウを開いてしまうという問題が報告されています。

S 20201124 135656 2

例えばメモ帳、電卓、ブラウザの3つのウィンドウが開いていて、Alt+Tabを使って2つ目のウィンドウである「電卓」に切り替えようとすると、Windows 10が間違ってメモ帳やブラウザを開いてしまうという問題です。

9月から発見されていた不具合のようですが、Windows 10の製品ビルドでも修正されておらず、不具合が発生している模様です。20H2で導入された新しいタスク切り替え機能を無効にしても不具合は修正されず、有効な回避方法は見つかっていません。

ただし、プレビュー版のBuild 20231ではこのAlt+Tab機能の問題が修正されており、導入時期は未定ながら製品版へのバックボートが待たれています。

TRIMの問題

Windows 10 Version 2004/20H2の不具合として、HDD上でTRIMコマンドを実行しようとしてイベントビューアーにエラーが記録されてしまうという問題が存在します。

TRIMコマンドはSSDドライブでのみ有効ですが、スキャン時にHDD上でTRIMコマンドを実行しようとしてしまい、プロセスが失敗するという問題です。ただし、イベントビューでエラーは表示されますが、実害は無くエラーを無視しても問題なないようです。