Windows 10 Version 21H1への自動更新が開始

S 20210604 101714

Microsoftは6月2日(現地時間)、一部のWindows 10 Version 2004デバイスを対象に、Windows 10 Version 21H1への自動更新を開始したことを発表しました。

Windows 10 Version 21H1の2021年6月2日現在の状態として、以下のような情報が掲載されています。

Current status as of June 2, 2021
Windows 10, version 21H1 is available for users with devices running Windows 10, version 20H2 and version 2004 who manually select “Check for updates” via Windows Update. The recommended servicing status is Semi-Annual Channel.

We also started the first phase in our rollout for machine learning (ML) training, targeting devices on Windows 10, version 2004 to update automatically to Windows 10, version 21H1. We will continue to train our machine learning through all phases to intelligently rollout new versions of Windows 10 and deliver a smooth update experience.

Note We are initially throttling up availability over the coming weeks to ensure a reliable download experience. As a result, the update may not be offered to you right away. For more details, see How to get the Windows 10 May 2021 Update.

これによると、Windows 10 Version 21H1は現在、Version 20H2/2004環境で、Windows Updateで更新を手動チェックしたユーザーに提供されています。ただし同時に機械学習を利用して、Version 2004環境の一部デバイスに対し、Windows 10 Version 21H1への自動更新を開始したとのことです。

Windows 10 Version 2004/20H2/21H1はベースが同じで、大きな新機能は追加されていません。更新も機能有効化パッケージによって短時間で完了する事が予想されます。

次期機能アップデートの21H2(Sun Valley)はUIの変更を含む大規模アップデートになると見込まれているため、大規模更新前の最新版である21H1へ早めに更新しておくと安心かもしれません。