Microsoft、Windows 10 Version 21H2を正式に発表 - WPA3 H2Eへの対応やWSLの改良など

S 20210716 201311

Microsoftは7月15日(現地時間)、Windows 10の次期機能アップデート「Version 21H2」を正式に発表しました(Windows Blog)。

Windows 10 Version 21H2は今年後半にWindows 11とは別にリリース予定で、生産性とセキュリティに焦点を当てた改良が行われる予定です。Version 21H2の主な新機能は以下の通りです。

  • Wi-Fiセキュリティを強化するWPA3 H2E規格のサポートを追加。
  • Windows Hello for Businessが、数分でデプロイから稼働までを実現する、簡素化されたパスワードレスのデプロイメントモデルをサポート。
  • Windows Subsystem for Linux(WSL)およびAzure IoT Edge for Linux on Windows(EFLOW)におけるGPUコンピューティングのサポート。機械学習やその他のコンピューティングを必要とするワークフローに対応。

21H2のプレビュー版は、Windows Insider ProgramのRelease Previewチャネルでの提供が開始しています。ただし当面はWindows 11のハードウェア要件を満たさずBetaチャンネルからRelease Previewチャンネルに移行することになった一部のユーザーのみが対象となっています。