Windows 10Xは仮想化によるWin32プログラムの実行をサポートしない?

Users call for microsoft to bring the windows 10x start button to windows 10 527709 2

Microsoftは現在、新しいオペレーティングシステム「Windows 10X」を開発中です。

Windows 10Xは当初、コンテナベースの仮想化技術を利用しWin32プログラムを実行できるとされていましたが、この計画が変更され、Win32仮想化のサポートが削除された可能性があるとWindows Centralが伝えていることがわかりました(gHacks)。

Windows 10Xを搭載したシングルスクリーンデバイスは教育分野を対象としたローエンドデバイスで、仮想化プロセスを実行することで、アプリケーションのパフォーマンスやバッテリー寿命に悪影響がでることを懸念したことによる決定だとされています。

Win32プログラムがローカルで実行できなくなることを補うため、MicrosoftはWindows Virtual Desktopのようなストリーミング技術を利用する模様。Win32アプリーションのローカル実行を諦めたことにより、IntelだけでなくARMを搭載したWindows 10Xデバイスが登場する可能性がでてきたというプラスの副作用もあるそうです。

なおデュアルスクリーンデバイスは高性能なデバイスとして登場する予定で、Win32アプリケーションの仮想化サポートも含まれるとみこまれています。

スポンサーリンク