Windows 11はWindows 7/8/8.1/10から無償アップグレード可能かも

Windows 11 free upgrade

Microsoftは6月24日(現地時間)に開催するオンラインイベントで「Windows 11」を発表すると見込まれています。

インターネットにリークされたWindows 11の開発版ビルドでは、Windows 7のプロダクトキーを使ってアクティベーションが可能だとの情報も流れているなか、Windows 7/8/8.1/10のライセンスを持っているユーザーがWindows 11に無料にアップグレードできる可能性が高いとWindows Latestが伝えています。

この情報はリークされたWindows 11のPkeyconfig(product key configuration package)に含まれている設定キーの情報を根拠とするもので、上記画像のように設定ファイルはWindows 7/8/8.1からのアップグレードパスが存在することを示唆しているとのことです。

Microsoftは、Windows 10で「Windows as a Service」と呼ばれる新しい戦略を採用し、年2回のペースで機能アップデートを提供し続けていました。Windowsのライセンス収入よりも、市場シェアを重視しているとも言われ、いまだにWindows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレードが可能な状況となっています。

MicrosoftがWindows 11でどのような方針を採用するのは不明ですが、これまでの戦略を維持するならば、既存のWindowsユーザーに対する無償アップグレードが提供される可能性は高いと考えられます。

スポンサーリンク