Microsoft、Windows 11の無償アップグレードは期間限定の可能性があると説明

S 20210625 94907

Microsoftが今年の秋に公開するWindowsの新バージョン「Windows 11」は、Windows 10を搭載した対象デバイスに無償で提供される予定です。

無償アップグレードは2021年秋に始まり、大部分のコンピューターに対しては2022年の初頭に提供される計画です。Microsoftは無償アップグレードの終了時期を発表していませんが、無期限であるとも明言しておらず、ある時点でWindows 11の無償アップグレードが出来なくなる可能性があると説明していることがわかりました(Softpedia)。

Windows 11の公式ページには、無償アップグレードに関して以下のような説明が掲載されています。

The free upgrade offer does not have a specific end date for eligible systems. However, Microsoft reserves the right to eventually end support for the free offer. This end date will be no sooner than one year from general availability.

無償アップグレードの提供の終了日は設定されていないものの、Microsoftは無償アップグレードを終了する権利を有しているとのこと。ただし終了する場合、一般提供から1年以降になるとのことです。

Windows 7およびWindows 8.1デバイス向けに提供されたWindows 10への無償アップグレードが1年間の期間限定だったことを考えると、Windows 11への無償アップグレードも期間限定になる可能性は考えられます。