Windows 11のタスクバーを移動する機能がFeedback Hubで最も要望されている

WIN Start GenZ Light 16x10 en US 1024x640

Microsoftが10月5日に公開する予定の「Windows 11」は、スタートメニューやタスクバーを含むUIの刷新とともに、マルチタスク機能など内部的な機能の改善も進められています。

ただし、Windows 11は新機能が追加されただけではなく、Windows 10に存在した一部の機能が削除されていて、そのなかでもタスクバーを移動する機能の復活を望むユーザーが多数存在することがわかりました(Neowin)。

長い間、Windowsはタスクバーを移動するオプションを提供しており、ユーザーはデスクトップの4つの側面のどこかにタスクバーを配置することができました。しかし、Windows 11では、このオプションが削除され、画面の下部に配置する以外の方法は存在しません。

Feedback Hubには、タスクバーを横や上に移動する機能を復活するようMicrosoftに要求する要望が投稿され、20,000以上の賛成票が集まっています。タスクバーの位置の変更は日常のワークフローに不可欠で、Microsoftがこの機能を復活させないかぎり、Windows 11へのアップグレードを予定しないというコメントを投稿しているユーザーも確認できます。

1631988576 screenshot

残念ながら、Microsoftはこの要望に対し、以下のような定型の回答を述べるのみに留まり、今後の方針は明らかにされていません。

We'll be continuing to evolve Windows 11 and its features based on feedback like this, so thank you so much for taking the time to give us your feedback!

このようなフィードバックをもとに、Windows 11とその機能を進化させていきたいと思います。

Windows 11のリリース日は目前で、少なくとも初期バージョンにこの機能が間に合うことはなさそうですが、今後の機能アップデートによる改善を期待したいところです。