特定の「特別な」PCではWindows 11を実行するためにTPMは必要ない

S 20210625 94907

Microsoftは、次世代オペレーティングシステム「Windows 11」が動作するハードウェア要件として、TPM(Trusted Platform Module)または、fTPM(Firmware-based Trusted Platform Module)2.0が必須であることを明らかにしました。当初TPM 1.2が必須となっていましたが、その後TPM 2.0が必須とあらためられ、ハードウェアの条件がより厳しくなる方向に変更されています。

ところが、Microsoftが公開した「Windows 11 最小のハードウェア要件(PDF)」によると、TPMの存在は、すべてのシステムで必須というわけではなく、一定条件を満たしたOEM PCでは免除されることが判明しています(Neowin)。

1624808656 win11 tpm not mandatory

TPMを搭載していないシステムにWindows 11をインストールするには、Microsoftの特別な承認が必要で、Microsoftは「特殊用途の商用システム用のOEM、カスタムオーダー、およびカスタムイメージを使用したカスタマーシステム」に対して、TPMサポートを有効にしていないシステムの出荷を許可しているとのことです。

MicrosoftはWindows 11のセキュリティを非常に重視しており、比較的最近のハードウェアにしか搭載されていないTPM 2.0を必須としています。

現在のシステムがWindows 11と互換性があるかどうかは、Microsoftの「PC正常性チェック」ツールや、「WhyNotWin11」などのサードパーティ製ツールを使って確認することができます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる