Microsoft、ドキュメントを更新しWindows 11の最小要件として「TPM 2.0」を明記

2021 06 25 171520

先日Microsoftの一部のサポートドキュメントに、Windows 11がTPM 1.2を搭載しているデバイスでも、推奨はされないものの動作するという情報が掲載されている事をお伝えしましたが、その後ドキュメントが更新されて、TPM 2.0が必須とあらためられたことがわかりました(MSPoweruser)。

更新された「Compatibility for Windows 11」ページには以下のような情報が掲載されています。

S 20210626 95334

Windows 11でには新しいハードウェアの最小要件があり、Windows 11を実行するためには、デバイスがハードウェア仕様を満たす必要があるとのこと。ハードウェア要件を満たしていないデバイスは、Windows 11にアップグレードできないそうです。

Windows 11が動作するために必要な要件は以下の通りです:

  • Processor: 1 gigahertz (GHz) or faster with 2 or more cores on a compatible 64-bit processor or System on a Chip (SoC)
  • RAM: 4 gigabyte (GB)
  • Storage: 64 GB or larger storage device
  • System firmware: Trusted Platform Module (TPM) version 2.0
  • Graphics card: Compatible with DirectX 12 or later with WDDM 2.0 driver
  • S mode is only supported on Home edition of Windows 11. If you are running a different edition of Windows in S mode, you will need to first switch out of S mode prior to upgrading.

「Windows 11のTPM要件に関するガイダンスを修正するために更新されました」との注意事項も掲載されています。

このページは以前は下記のスクリーンショットのように、TPM 1.2が必須、TPM 2.0が推奨となっていました。

S 20210625 105621

MicrosoftはPC正常性チェックアプリを更新するとともに、TPMの必要性を説明するブログ記事を公開しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる