Windows 11のスタートメニューに追加された検索ボックスは怒るほどのものではない

Start with Search 1

Windows 11の最新プレビュービルド「Build 22000.65」ではWindows 10の古いスタートメニューを復活させるレジストリハックが無効化されるとともに、スタートメニューに一見無駄に思える検索ボックス追加され、一部ユーザーの怒りを招いているようです(Windows Central)。

Windows 11 Build 22000.65のスタートメニュー内の検索ボックスの動作は少し奇妙で、テキストボックスをクリックするとスタートメニューが閉じ、タスクバーの検索メニューが表示されます。すなわちスタートメニューの検索ボックスは、タスクバーの検索機能のショートカットとなっており、実際的な機能は実装されていないのです。なおスタートボタンを押した後に文字入力すると検索が実行されるのはこれまでの通りです。

スタートメニューの隣に検索ボタンが存在するのにもかかわらず、スタートメニューの中に検索ボックスを配置するのは冗長な設計ですが、スタートメニューからあらゆる機能を実行したいユーザーや、検索機能の存在を知らないユーザーにとっては有用な機能ともいえます。

Windows 11はまだ開発中で、ユーザーからのフィードバックを受け、スタートメニュー内の検索ボックスがさらに強化されたり、あるいは削除されたりする可能性は考えられます。