サポートされていないPCでWindows 11を使いたい場合、特別な条件へ同意が必要かもしれない

Windows 11 Hero wallpaper 1024x576

MicrosoftはWindows 11のサポート対象を、これまでよりも厳しくなった最小システム要件を満たすPCのみと定めています。

すなわち、TPM 2.0やセキュアブート、Intel/AMDの新しめのCPUといった各種条件満たすPCのみがサポート対象ということになりますが、企業における検証などのために、要件を満たしていないPCにWindows 11をインストール事は許されています。

ただし、この場合も制限が存在しないわけではなく、要件を満たしていないPCにWindows 11をインストールすると、システムはサポート対象外の状態となり、重要なセキュリティアップデートが受けられなくなります。このことを明確するため、要件を満たさないPCをWindows 11にアップグレードしようとした場合、以下のような特別な契約書が表示されることがわかりました(Neowin)。

1632296460 waiver windows 11 source the verge

長文ですが、基本的には、Windows 11にアップグレードしたサポート対象外のシステムは、今後のアップデートの対象外であることを明確にしようとするもののようです。ただしここで言う「アップデート」に重要なセキュリティ関連のアップデートが含まれるかどうかは明らかになっていません。

10月5日に近づいてきたWindows 11の一般公開に備え、MicrosoftはWindows 11との互換性をチェックする「PC正常性チェック」アプリの最新版、v3.0.210914001の提供を始めています