Microsoft、「Windows 365」を発表 - 企業向けのクラウドPCサービス

S 20210803 101641

Microsoftは本日、「Windows 365」の一般提供を開始したことを発表しました(窓の杜)。

Windows 365は、クラウド経由でWindows 10あるいはWindows 11の全機能を提供する企業向けの「クラウドPC」サービスです。場所やデバイスを問わず使用することができ、Windows、Mac、iPad、Android、Linuxといったあらゆるデバイスから、ユーザーがカスタマイズしたアプリケーションや、データ、設定にアクセスすることができます。Windowsのエクスペリエンスはデバイスに関係なく一環していて、デバイスを切り替えてもクラウドPCの状態は変わらないため、中断したところから作業を再開することができます。

Windows 365のプランは以下の通りです。

Windows 365 Businessの場合、料金は1ユーザー当たり月額3,260円(1vCPU、2GB RAM、64GBストレージ。最小プラン)からとなっています。

なお、Business/Enterpriseプランの機能の違いは以下の通りとなっています。

 

Windows 365 Business

Windows 365 Enterprise

Click –to-provision directly from product page

X

 

"No-domain" set up

X

 

Self-serve troubleshooting – reset

X

 

"Cloud Save" (minimal Azure storage and potentially OneDrive for Business)

X

X

Self-serve upgrades

 

X

Universal Print integration

 

X

Partner/programmatic enablement (Graph APIs, MSP tooling)

 

X

Custom images

 

X

Image management [store, replicate, deploy]

 

X

Microsoft Endpoint Manager policy-driven provisioning, management and guided scenarios

 

X

Endpoint analytics reporting and monitoring

 

X

Service health, operational health alerts

 

X

Connection to on-premises [networks, apps, resources] + diagnostics

 

X

Advanced Microsoft Endpoint Manager-based troubleshooting and device management

 

X