Windows 8.1/7用の月例品質ロールアップKB5001382、KB5001335などが公開 - 2021年4月の月例更新

2018 08 21 110101

Microsoftは本日、月例更新の一環としてWindows 8.1、Windows 7などに対し、月例品質ロールアップとセキュリティオンリーアップデートを公開しました(Neowin)。Windows 7用の更新プログラムは有償サポートを契約しているユーザーのみの提供となっています。

公開された月例品質ロールアップは以下の通りです(括弧内はセキュリティオンリーアップデート)。

更新プログラムは、Windows UpdateまたはMicrosoft Updateカタログを利用してインストールすることが可能で、それぞれの変更点は以下の通りとなっています。

April 13, 2021—KB5001382 (Monthly Rollup)

Windows 8.1/Windows Server 2012 R2用の月例品質ロールアップKB5001382では、ボルゴグラード(ロシア)のタイムゾーンのUTC+4からUTC+3モスクワ標準時(MSK)への変更、南スーダン共和国のタイムゾーンのUTC+3からUTC+2ジュバへの変更、WindowsアップデートにRemoteFX vGPU機能を含めなくする修正などが行われています。

  • Addresses a time zone change for Volgograd, Russia from UTC+4 to UTC+3 Moscow Standard Time (MSK).

  • Addresses a time zone change for The Republic of South Sudan from UTC+3 to UTC+2 Juba. For more information about this change, see KB 4601275.

  • Addresses an issue with security vulnerabilities identified by a security researcher. Because of these security vulnerabilities, this and all future Windows updates will no longer contain the RemoteFX vGPU feature. For more information about the vulnerability and its removal, see CVE-2020-1036 and KB4570006. Secure vGPU alternatives are available using Discrete Device Assignment (DDA) in Windows Server LTSC releases (Windows Server 2016 and Windows Server 2019) and Windows Server SAC releases (Windows Server, version 1803 and later versions).

  • Addresses an issue that prevents you from specifying up to 255 columns when you use the Jet Text installable indexed sequential access method (IISAM) format.

  • Security updates to Windows Input and Composition, Windows Fundamentals, Windows Hybrid Cloud Networking, Windows Kernel, and Windows Media.

更新プログラムには以下の1件の既知の不具合が存在します。

  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する。

回避策はKBページでご確認ください。

Windows UpdateやMicrosoft Update、Microsoft Update Catalog、Windows Server Update Services (WSUS)などを利用してインストールすることができます。

April 13, 2021—KB5001335 (Monthly Rollup)

Windows 7 SP1/Widnows 2008 R2 SP1用の月例品質ロールアップKB5001335では、ボルゴグラード(ロシア)のタイムゾーンのUTC+4からUTC+3モスクワ標準時(MSK)への変更、南スーダン共和国のタイムゾーンのUTC+3からUTC+2ジュバへの変更、WindowsアップデートにRemoteFX vGPU機能を含めなくする修正などが行われています。

  • Addresses a time zone change for Volgograd, Russia from UTC+4 to UTC+3 Moscow Standard Time (MSK).

  • Addresses a time zone change for The Republic of South Sudan from UTC+3 to UTC+2 Juba. For more information about this change, see KB 4601275.

  • Addresses an issue with security vulnerabilities identified by a security researcher. Because of these security vulnerabilities, this and all future Windows updates will no longer contain the RemoteFX vGPU feature. For more information about the vulnerability and its removal, see CVE-2020-1036 and KB4570006. Secure vGPU alternatives are available using Discrete Device Assignment (DDA) in Windows Server LTSC releases (Windows Server 2016 and Windows Server 2019) and Windows Server SAC releases (Windows Server, version 1803 and later versions).

  • Addresses an issue that prevents you from specifying up to 255 columns when you use the Jet Text installable indexed sequential access method (IISAM) format.

  • Addresses an issue if you monitor for these events, Windows Backup will not report a successful Event ID 14 or backup finished Event ID 4 after you apply update KB4561643 or KB4556843.

  • Security updates to Windows Apps, Windows Hybrid Cloud Networking, Windows Kernel, and Windows Media.

更新プログラムには以下の2件の既知の不具合が存在します。

  • 更新プログラムをインストールしてデバイスを再起動すると「Windows更新プログラムの設定に失敗しました」というエラーが表示されることがある。
  • 特定の操作をクラスター共有ボリューム上のファイルやフォルダーに対して実行すると「STATUS_BAD_IMPERSONATION_LEVEL (0xC00000A5)」が発生する。

回避策はKBページでご確認ください。

Windows UpdateやMicrosoft Update、Microsoft Update Catalog、Windows Server Update Services (WSUS)などを利用してインストールすることができます。

スポンサーリンク