「Windows Subsystem for Android」がMicrosoft Storeに登場

S 20210906 100434

MicrosoftはWindows 11の注目の新機能として、Androidアプリをインストール・実行することができる機能を紹介しました。残念ながらWindows 11の一般公開が始まる10月5日には間に合わないようですが、着実の機能の開発は進められているようです。

信頼性の高いリーカーであるWalkingCat氏が、Microsoft Storeに「Windows Subsystem for Android」という名前のアプリが登録されていることを発見し注目を集めています(MSPoweruser)。

「Windows Subsystem for Android」アプリは、Microsoftから完全な環境をダウンロードするためのスタブとみられ、Microsoftはテスターに対し「Pease do not take screenshots or communicate about the content(スクリーンショットを撮ったり、内容を伝えたりすることはご遠慮ください)」と呼びかけています。

S 20210906 100700

アプリの必要要件はOSが「Windows 10 バージョン 22000.63」以降、アーキテクチャが「ARM64/x64」、メモリが「8G(推奨16GB)」となっています。ただし、窓の杜の情報によると、Windows 10ではインストールできず、Windows 11のプレビュー環境でインストールに成功したとのことです。

Microsoftは、Amazon StoreからAndroidアプリを提供する予定ですが、全てのアプリがサポートされるわけではなく、どれほどの実用性があるのかはまだ分かっていません。