ソフトアンテナ

Windows/Mac/Mobile用オンラインソフトのバージョンアップ状況を調べています。

詳細情報

タイトル As/R
URL http://www.all.undo.jp/
バージョン 13.5.0.0   13.4.4.0   13.4.2.0   13.4.0.0   13.3.8.0   13.3.6.0   13.3.5.0   13.3.4.0   13.3.2.0   13.3.1.0   13.2.9.0  
更新日 2022/04/25
追加日 2014/06/28
種別 フリーソフト
説明 まめFileの後継ファイラー。

スクリーンショット

スクリーンショットはありません。

レビュー

レビューはありません。

更新グラフ

バージョン履歴

No.バージョン名日付
113.5.0.02022/04/25
Ver.13.5.0.0
●音声認識系のオプション追加
・起動時に自動的に認識を開始設定追加
・開始/終了の読み上げテキストの設定追加
・サンプルの生成、文法ファイルを登録エディタでの編集するための呼び出し機能の追加
●メインメニューに以下のコマンドを追加
・音声認識の切替(ID:35575)
・管理者でコマンドライン(ID:35560)
・管理者でPowerShell(ID:35561)
・管理者でエクスプローラー(ID:35562)
●描画の改善
※今回の改修の影響で、従来と若干の描画レイアウトに差異が生じます
・高DPI環境かつ「一覧」「詳細一覧」小・中・大アイコンの場合のリストアイコンの描画計算式を修正(横方向)
・高DPI環境かつ「詳細」「コンテンツ」かつ小・中・大アイコンの場合のリストアイコンの描画計算式を修正(縦方向)
・高DPI環境かつ「並べて表示」「アイコン」「アイコンのみ」かつ小・中・大アイコンの場合のリストアイコンの描画計算式を修正
・「アイコン」にてカーソル行およびフォント種類によりテキスト欠けが発生する現象の低減
・「並べて表示」「アイコン」のタイル系描画のテキスト幅を調整してごみ描画が減るようにした
・「アイコン(隠し機能版)」のごみ描画が減るように調整
・リスト上のチェックボックスの描画/クリック反応サイズにDPI比を適用した
(省略されました)
213.4.4.02022/03/26
Ver.13.4.4.0
●管理者で実行コマンドの機能追加
以下のコマンドをキー割り当て、ツールバー割り当て可能にした
・管理者でコマンドライン(ID:35560)
・管理者でPowerShell(ID:35561)
・管理者でエクスプローラー(ID:35562)
●ファイルサイズ取得の改善
・ファイルアクセスを監視されている特定環境で、ファイルサイズを求める処理の高速化
●フォルダサイズ計算コマンドの改善
・稼働中のスレッドを数える際、フォルダサイズ計算の中断リクエストの処理中のステータスを考慮していなかった不具合の修正
・フォルダサイズ計算コマンドで探索中に権限無しで中断した場合はフォルダに「(探索不可)」と表示するように変更
・画面のアニメーション速度を落として、探索速度を向上
・リパースポイント属性のあるフォルダも集計対象に追加
313.4.2.02022/03/14
Ver.13.4.2.0
・最新版情報の取得コマンド(VersionCheck.exe)の表記を改善
・コンパイラの不具合対応に伴い外部コマンドも全ビルドを行った
・不要IDの整理
●その他
・ステータスバーにAs/Rを実行したユーザー権限の表示を追加
 管理者として実行時は「管理者権限」、それ以外は「ユーザー権限」
・ついでにステータスバーの描画を最適化
・音声認識周りの定義を定数からレジストリ設定に変更
・音声認識周りのエラーメッセージを詳しくした
・配布書庫に不要なテンプレートが含まれていたので削除
●シェル実行関数に管理者で実行モードの分岐を追加
 以下は先行実装でPostMessageマクロコマンド等で実行できます。
・管理者でコマンドライン(ID:35560)
・管理者でPowerShell(ID:35561)
・管理者でエクスプローラー(ID:35562)
413.4.0.02022/02/07
Ver.13.4.0.0
●不具合修正
・悪意あるテキストの読み込みに失敗した場合、バッファオーバーランが発生する可能性がある不具合の修正
・メモリ枯渇状態での安定性を向上
・コンパイラの不具合対応(一部の最適化オプションが効いてなかったらしい)
・乱数の初期化でtime()だと1秒以内に再度呼ばれたら同値になるのでGetTickCount64()に変更
●DetectCodepageスクリプト追加
 指定したファイルのコードページを求める。
 候補が複数ある場合、コードページの判別に迷ったら日本語であると仮定した上で判別ポイントの多数決を行う。
 文字コードの判別ができない場合「ERROR」と返す。
【書式】
var $codepage$ = DetectCodepage, 文字コード種を調べるフルパスファイル名
●SetCodepageスクリプト追加
 FileRead/FileAllReadで外部のファイルを読み込む場合、コードページを指定することで任意の文字コードのファイルを読み込めるようになります。
※Windowsがサポートするすべてのコードページが使用できますが、残念ながらWindowsの変換機能をそのまま使用しているので厳密なものではありません。
【書式】
SetCodepage=932
513.3.8.02022/01/10
Ver.13.3.8.0
●Windows11の不具合か仕様変更への対応
・新規作成の項目をレジストリから走査する際、.txt/.bmpのShellNewが見当たらなければ自前で値を補完するように変更
●スクリプト
・BackgroundImageのターゲット指定に「One」を追加
※画面分割状態の場合にアクティブなリストを対象とする(画面分割していない場合はNowと同じ)
●その他
・ユーザーさんに調査を依頼するようなケースでの原因調査用ログ出力機能を追加
※当面は無効
613.3.6.02021/12/20
Ver.13.3.6.0
●不具合修正
・ファイル一括作成コマンドのボタン活性化制御の実装漏れを修正、ついでにビルド警告を2個潰した
・コード分析対応
・乱数の初期化でGetTickCount()ではなくtime()を使うように変更
713.3.5.02021/10/31
Ver.13.3.5.0
・Windows 11関連する表記を修正
・オプションの誤字修正と表現を改善
・Windows 7が動作確認対象から外れてる旨の説明を追加
813.3.4.02021/10/24
Ver.13.3.4.0
●サポートOSにWindows 11を追加
※当面は既知の問題点は解説ページをサイト上に掲示します
・バージョン情報はBuild 22000以上であれば「Windows 10」を「Windows 11」に置換するように変更(暫定対処)
●リスト上のフォーカス制御を厳密に行うように修正
・↑ボタンはリストへ
・↑ボタンの長押しメニューはリストへ
・インサイドツリー切り替えはリストへ
・ディレクトリ内検索のボタン(選択/色塗り/次候補/前候補)はディレクトリ内検索のテキストボックスへ
●その他不具合修正
・内蔵検索機能の呼び出しにて、フォルダを選択していた場合に未選択警告が出る不具合の修正
913.3.2.02021/10/10
Ver.13.3.2.0
●Windows 11の暫定対応(ISO版)
・バージョン情報で「リリースID」(ReleaseId)を表示していた箇所に「表示バージョン」(DisplayVersion)を表示するように変更
※21H2のような版表示
●スクリプト
・Randomコマンドのパス指定で終端の\が無い場合は付与するように修正
※ただしワイルドカード指定ではない場合に限る
※GetSelectItemsも同じ修正
●その他
・文言修正
1013.3.1.02021/10/05
Ver.13.3.1.0
●オプション→全体→外観→色・フォント画面の見直し
・レイアウト構成を大幅に修正
・「黒テーマ」/「FDテーマ」/「FILMTNテーマ」の、グループ2~6の配色を見直した
・「OSのダークモードを適用する」設定の追加
※スクロールバーなどが黒く、ツリーのWindows 10 20H1以降などの制限事項あり
●Windows 11の暫定対応(Inside preview版)
・拡張子icoはSHGetFileInfo()で画像が取得できない問題への対処
※エクスプローラも同じように白いアイコンで表示されます
1113.2.9.02021/09/20
Ver.13.2.9.0
・フォルダーバー(インサイドツリー)において、Windows10だと常にクラッシック表示のみであったが制限を解除
※サポート切れになった1809/1903/1909だとレイアウトが崩れる/見苦しいので非推奨
 動作確認は21H1のみ
・存在チェックをする際にFindFirstFileEx()を使用し、ドライブルートの場合にINVALID_HANDLE_VALUEが返ってくることがある現象への対処
※再現条件は不明、1ドライブをパーティション分けして片方だけNGもありうる
 共通関数のため全exeをリビルドした