今年発売されるMacBook Airは13.6インチディスプレイを採用か

Apple new macbookair wallpaper screen 11102020

Display Supply Chain Consultants(DSCC)のアナリストであるRoss Young氏は、Appleが開発中の13インチ/15インチのMacBook Airは新しいディスプレイサイズを採用するものの、mini-LEDとProMotionテクノロジーは見送られるだろうと、主張しています(MacRumors)。

Young氏はTwitterのスレッドで、2022年に発売されるMacBook Airは13.6インチのディスプレイを採用するとツイートしています。13.6インチというサイズは、現行のMacBook Airより0.3インチ大きく、14.2インチのMacBook Proより0.6インチ小さいサイズとなります。新型のMacBook Airは、現在のテーパーデザインから変更され、MacBook Proのようなより薄い筐体が採用されるため、ディスプレイサイズの増加に対応できると推測されています。

またYoung氏は、15インチMacBook Airについて、正確には15.2インチディスプレイを搭載すると説明しています。従来の15インチMacBook Proの15.4インチディスプレイより、0.2インチ小さいサイズで、15インチMacBook Proよりも薄いベゼルと新しいデザインの採用により、15インチMacBook Airは全体的に小さなサイズになる可能性があります。

Young氏はさらに、新型のMacBook Airはどちらも、mini-LEDディスプレイや、ProMotionテクノロジーを採用せず、MacBook Proより低価格帯を維持するためLCDディスプレイが搭載される主張しています。

スポンサーリンク