AMDが最新のチップセットドライバーを公開 - Windows 11のCPPC2の問題を修正

Windows 11 Hero wallpaper 1024x576

AMDは本日、最新のチップセットドライバーversion 3.10.08.506をリリースしました(Neowin)。最新パッチにはWindows 11で発生していたパフォーマンスの問題に対する修正が含まれています。

AMDのRyzenプロセッサを搭載したデバイスでWindows 11を使用すると、CPPC(Collaborative Processor Performance Control)の問題により、利用可能な最速のコアが適切にスケジュールされず、一部のアプリのパフォーマンスが低下するという問題が認識されていました。

AMDはリリースノートでこの問題に対応したことを説明しています。

Restores intended function and behavior of UEFI CPPC2 (“preferred core”) in Windows® 11 build 22000.189 (or newer) on AMD processors.

AMDプロセッサ上のWindows 11 Build 22000.189(またはそれ以降)のUEFI CPPC2)「優先コア」)の意図された機能および動作を復元します。

Windows 11に最適化されたRyzen Power Plan 7.0.3.5が追加されており、これによってCPPC2のバグが修正されることが期待されます。

最新ドライバではOpenGLエラーの修正を含めいくつかの不具合の修正も行われています。またAMD UART Driver version 1.2.0.11が追加され、4Mbpsのボーレートに対応しています。

また以下の様な既知の不具合が存在します。

  • Sometimes custom install fails to upgrade to latest drivers.
  • Text alignment issues may be seen on Russian language.
  • Manual system restart required on Non-English OS after the installation is complete.
  • Windows® Installer pop-up message may appear during the installation.
  • Uninstall summary log may incorrectly show uninstall status as fail on non-English OS.
  • May observe a pop-up message "AMD Chipset Software is not responding" when the installer is launched and UI screen is clicked.

なおL3キャッシュの問題についてはWindows 11のオプションアップデートKB5006746で対処されています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる