Apple、サポートサイトでセルフサービス修理のマニュアルを公開へ

Apple self service repair text

Appleは先週、新しいセルフサービス修理プログラムを発表しました。プログラムはAppleのデバイスの修理を自分で行うためのApple純正部品、ツール、マニュアルをユーザーに提供するもので、来年初めに米国で開始され、2022年の間に追加の国に拡大される予定です。

今回、MacRumorsが入手した内部文書によると、Appleがこのプログラムについてさらにいくつかの詳細を説明しており、修理マニュアルがAppleサポートのウェブサイトで公開されること、セルフサービス修理のための部品を注文する前に、顧客がこの情報を表示できる場所を確認することなどが含まれていることがわかりました。

また、オンラインパーツストアは不特定多数の第三者によって運営されるとのことです。正式な理由は説明されていませんが、部品の発送と受け取りを外部に委託するシステムは、Apple Authorized Service Providersにも導入されています。

Appleは、セルフサービス修理は「電子機器を修理する知識と経験を持つ個人技術者」を対象としていると述べ、プログラムの初期段階では、iPhoneのディスプレイ、バッテリー、カメラの交換など、一般的な修理を中心に行うとしています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる