iOS 16とiPadOS 16では3GBメモリが必須に?iPhone 7など大量のデバイスがアップグレードできない可能性

Header

iOS 16とiPadOS 16がどのデバイスをサポートするのか、具体的な情報はまだ報じされていません。しかし今週初めにiPod touchが製造中止になったことが、新しいOSの最小要件を示唆しているのかもしれません。

今回MacRumorsは、iOS 16とiPadOS 16で、3GB以上のRAMを搭載したデバイスのみがサポートされ、A9/A10 Fusionチップを搭載した「iPhone 7」など、多数のデバイスのサポートが打ち切られる可能性があると主張しています。

3GB RAMが要件となった場合、サポートされるモデルは以下の通りです。

iOS:

  • iPhone 6S
  • iPhone 6S Plus
  • iPhone SE (1st generation)
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPod touch (7th generation)
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE (2nd generation)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone SE (3rd generation)

iPadOS

  • iPad Air 2
  • iPad Air (3rd generation)
  • iPad Air (4th generation)
  • iPad Air (5th generation)
  • iPad (5th generation)
  • iPad (6th generation)
  • iPad (7th generation)
  • iPad (8th generation)
  • iPad (9th generation)
  • iPad mini 4
  • iPad mini (5th generation)
  • iPad mini (6th generation)
  • iPad Pro (1st generation)
  • iPad Pro (2nd generation)
  • iPad Pro (3rd generation)
  • iPad Pro (4th generation)
  • iPad Pro (5th generation)

iPhone 7は2GBのRAMしか搭載されていませんが、iPhone 7 Plusは3GBのRAMを搭載しており、iPhoneではiPhone 7 Plusが最も古いサポート対象ということになります。iPadは、第3世代iPad Air、第7世代iPad、第5世代iPad mini、第1世代iPad Proが最も古いサポート対象となります。

規則を厳格に適用すると、同じiPhone 7シリーズでサポートされるモデルと、サポートされないモデルが混在することになり、ユーザーの不満が高まることにもなりそうです。また記事では、iPhone 8がサポート対象となっていますが、iPhone 8のRAM容量も2GBであるため、規則通りならiPhone 8もiOS 16にアップグレードできないことになります。iPhone 8はサポートが打ち切られるには新しすぎるため、今回の主張はあたらないのではないかとの指摘も行われています。