iPhone 13はApple Watch風の常時表示モードを搭載か

IPhone 13 Pro concept 1

BloombergのMark Gurman氏が、ニュースレーター「Power On」の最新号で、新型iPhoneに、Apple Watch風の常時表示機能が搭載される可能性があると説明しています(MacRumors)。

最近のApple Watchには、ディスプレイの輝度を下げ、リフレッシュレートを変更することで画面に時刻など表示し続けることができる「常にオン」機能が搭載されています。Gurman氏は2021年に発売されるiPhoneにも同様の機能が搭載される可能性があり、実現すれば時間、日付、通知などの情報をiPhoneのディスプレイ上で常に確認することができるようになるとしています。

常時表示を実現したのはiPhone 13 Proシリーズに搭載される予定の有機EL LTPOディスプレイで、同ディスプレイにより120Hzのリフレッシュレートも実現すると見込まれます。Appleは以前から120HzのProMotion技術をiPhoneに搭載されると噂されており、iPhone 12では実現しなかったものの、iPhone 13 Proでついに実現することになります。

Gurman氏はその他、iPhone 13シリーズにより大きなバッテリーが搭載されると主張しています。

スポンサーリンク