Microsoft、Internet Explorerの使用を来月ではなく、今すぐ終了するように要請

Internet explorer to edge redirect

Microsoftは2022年6月15日に、「Internet Explorer 11」のサポートを終了します。

このIEの引退に先立ち、Microsoftは、「Don’t wait for June 15th! Set your own IE retirement date(6月15日を待たずに! IE廃止日を設定する)」と題したサポートドキュメントを公開し、早めの対応を呼びかけています。

Microsoftによるとサポート終了後、Internet Explorer 11は起動しなくなり、Microsoft Edgeが自動的にロードされるようになるとのこと。Microsoftは、後継ブラウザであるMicrosoft EdgeのIEモード機能を通じて、Internet Explorerのレガシー機能を使用するように企業や組織に対して呼びかけています。

IEモードはMicrosoft Edgeの特有の機能で、Internet Explorerテクノロジーに依存したインターネットコンテンツにアクセスする必要がある組織にとっては必須の機能と位置づけられています。

Microsoftは、Internet Explorer 11の廃止日を設定するために、以下の準備を行うことを推奨しています。

  • Step 1: IEモードのテストを実施する。IEに依存していると判断したサイトでIEモードを設定しテストする。IEを無効にするポリシーの適用を含め、社内で大規模な廃止/無効化活動を行う前に、試験グループのユーザーに対して可能な限り徹底的なテストを行う。
  • Step 2: 内部のIE廃止日をスケジュールする。小規模なIEモードのテストができたと確信したら、今度はより大規模な展開について考えてみる。IEを無効にするポリシーを展開する日を設定し、社内のIE廃止日と定める。問題を解決する時間を確保するために、6月15日の数週間前に設定することが推奨。
  • Step 3: ユーザーに通知し、データをインポートしてもらう。社内のIE廃止日を設定したらユーザーに通知する。IEが廃止される前に、ユーザーがIEからMicrosoft Edgeにデータをインポートできるようにする。Microsoft Edgeのアドレスバーにedge://settings/importDataを入力し、「Import from」の選択項目から「Microsoft Internet Explorer」を選択する。
  • Step 4: 社内廃止日にIEの無効化ポリシーを広範に展開する。廃止日がきたらIEの無効化ポリシーを展開する。ユーザーの質問に答えられるように準備しておく。

Internet Explorerのシェアは、すでに相当低くなっており、サードパーティの調査によると全体の0.50%以下と見込まれています。Windows 11では、すでにEdgeがデフォルトブラウザで、ほとんどのホームユーザはすでに移行している可能性が高いと思われます。

[via gHacks]

スポンサーリンク