Apple、iPadOS 16の「ステージマネージャ」がM1 iPad限定機能な理由を釈明

Ipad stage manager display

Appleが先日発表した「iPadOS 16」は、「ステージマネージャ」をはじめとした、マルチタスク機能の強化に重点を置いたアップデートととなっています。

しかし、このステージマネージャは、最新のM1チップを搭載したiPad ProとiPad Air専用機能となっており、その他の機種のiPadでは使用することができません。この理由に関してAppleが説明をしていることがわかりました(9to5Mac)。

Appleは質問を行ったDigitalTrendsに対し、ステージマネージャがM1 iPad限定機能となっているのは、iPadOS 16に搭載された新しいメモリスワップ機能に起因すると説明しています。iPadOS 16のメモリスワップ機能は、iPadOSがiPadのオンボードストレージを使用して、システムで利用できるRAMの量を拡張することができる機能です。

We reached out to Apple to ask why Stage Manager is limited to the M1-powered iPads, and we got a reasonable answer. According to the company, Stage Manager is limited to M1 chips mainly due to iPadOS 16’s new fast memory swap feature, which Stage Manager uses extensively. This lets apps convert storage into RAM (effectively), and each app can ask for up to 16GB of memory. Since Stage Manager enables you to have up to eight apps going at once – and because each app could ask for 16GB of memory – it demands a lot of resources. As such, the new window management feature needs M1 for smooth performance.

私たちはAppleに連絡を取り、Stage ManagerがM1搭載のiPadに限定されている理由を尋ねたところ、妥当な答えが返ってきました。同社によると、Stage ManagerがM1チップに限定されているのは、主にStage Managerが多用するiPadOS 16の新機能「高速メモリスワップ」によるものだそうです。これにより、アプリはストレージをRAMに変換することができ(効率的)、各アプリは最大16GBのメモリを要求することができます。Stage Managerでは、最大8つのアプリケーションを同時に実行できるため、各アプリケーションが16GBのメモリを要求する可能性があるため、多くのリソースを必要とします。そのため、新しいウィンドウ管理機能は、スムーズなパフォーマンスのためにM1が必要です。

AppleのWebサイトによると、iPadOS 16のメモリスワップ機能が利用できるは以下の機種です。

  • iPad Air(第4世代)で256GB以上のストレージを搭載
  • iPad Pro 12.9インチ(第5世代)
  • iPad Pro 11インチ(第3世代)

256GBのiPad Air 4はメモリースワップに対応するものの、ステージマネージャや外部ディスプレイ機能を使うことができないということになります。これはAppleの説明と完全に一致するものではなく、9to5Macは、M1を搭載したiPad Air 5とiPad Proは8GBのRAMを、iPad Air 4は4GBのRAMを搭載しており、ステージマネージャを使うためには8GB以上のRAMが必要なのではないかと推測しています。

なおステージマネージャでは以下のような機能が利用可能となります。

  • ウィンドウのリサイズ: ウィンドウをリサイズできる。
  • センターアプリ: アプリフルスクリーンにすることなく作業できる。
  • ウィンドウとアプリへの高速アクセス: 中央には作業中のアプリのウィンドウが目立つように表示され、左側には他のアプリが最近使った順に並べられる。
  • オーバーラッピングウィンドウ: 1つのビューで異なるサイズのウィンドウをオーバーラップして作成し、理想的なワークスペースをアレンジするためのコントロールを提供。
  • アプリをグループ化する: サイドからウィンドウをドラッグ&ドロップしたり、Dockからアプリを開いたりして、いつでも呼び出せるアプリセットを作成できる。

iPadOS 16hまだ開発者向けのベータ版が公開されたばかりの状態で、正式公開前に各種ドキュメントが整備されることが予想されます。

スポンサーリンク