Windows 10/11の最新の累積アップデートで、ChromeやEdgeが0xc0000022エラーでクラッシュする問題が発生

S 20220414 103106

Windowsの最新の更新プログラムを適用した環境で、Chrome、Edge、Firefoxなどのブラウザを起動しようとすると「アプリケーションを正しく開始できませんでした」というエラーメッセージが表示され、アプリがクラッシュするという問題が発生していることがわかりました(Windows Latest)。

Windows Updateは最近かなり安定していて大きな問題は発生していませんが、今回の問題はWindows 10/11用の4月の月例更新プログラムKB5012599やKB5012592を適用した環境で発生しているようです。あるユーザーは以下のような報告を行っています。

After installing KB5012599 I got a 0xc0000022 error launching Edge, Firefox and Chrome, so they don’t work anymore. Fortunately, Vivaldi and Brave work perfect, so I can still internet. Uninstalling KB5012599 solves this problem

KB5012599をインストールした後、Edge、Firefox、Chromeを起動すると0xc0000022エラーが出て、動かなくなりました。幸いなことに、VivaldiとBraveは完璧に動作するので、まだインターネットは可能です。KB5012599をアンインストールするとこの問題は解決します。

不具合の原因はまだはっきりしてませんが、最新の更新プログラムと「ESET」のようなアンチウイルスソフトとの間に互換性の問題が存在するのではないかとみこまれています。

ESETを開発するキャノンITソリューションズは、サポートドキュメントを公開し、Windows Update後ブラウザに関連した問題が発生していることを認めています。

現在、Windowsアップデート後、「保護されたブラウザを開始できませんでした」または「アプリケーションを正しく起動できませんでした」となり、セキュアーブラウザーが起動しない現象が発生しております。

原因は調査中とのことですが、「ESET LiveGrid」を有効にするか、セキュアブラウザを無効にすることで不具合を回避できるとのこと。

今回報告された問題が、他のアンチウイルスソフトにも影響しているかは不明で、同様な問題が発生している場合、累積アップデートをアンインストールすることで解決する可能性があります。

スポンサーリンク