Windows 11にAndroidアプリを簡単にインストールできるオープンソースツールが爆誕

  • URLをコピーしました!

Windows 11 Android subsystem

Windows 11のプレビュービルドでは、Windows Subsystem for Android(WSA)がサポートされていて、Androidアプリをデスクトップ上で動作させることが可能となっています。

残念ながら、Microsoft公式機能には、アプリのダウンロード先がAmazon Appstoreだけという制限が存在しますが、この制限を取り払うことができるオープンソースツール「WSA PacMan」が公開されています(MSPoweruser)。

WSA installer

もともと、Windows 11のWindows Subsystem for Androidはフル機能のAndroidエミュレーターで、コンソールでADBコマンドを使用して、ローカルに存在するAndroidアプリ(.apk)インストールすることは可能です。

複雑なコマンドを使用する手順は、初心者にとっては難易度の高い作業でしたが、WSA PacManを使用すれば、GUIを使ってこの作業を簡単に実行することができるのです。

GitHubには以下のような説明が掲載されています。

A GUI package manager and package installer for Windows Subsystem for Android (WSA).

Currently provides a double-click GUI installer for .apk files that shows app information (package, icon, version and permissions), allows normal installations as well as upgrades and downgrades.

The app additionally provides a button to open Android settings and one to open the “Manage Applications” Android settings page, from which you can uninstall or disable applications and grant or revoke permissions

Windows Subsystem for Android (WSA) 用の GUIパッケージマネージャおよびパッケージインストーラです。

現在、アプリ情報(パッケージ、アイコン、バージョン、パーミッション)を表示し、通常のインストールだけでなく、アップグレードやダウングレードも可能な.apkファイル用のダブルクリックGUIインストーラーを提供しています。

さらに、Androidの設定を開くボタンと、Androidの設定ページ「アプリケーションの管理」を開くボタンがあり、アプリケーションのアンインストールや無効化、権限の付与や剥奪が可能です。

アプリの詳細の確認やファイルのダウンロードはGitHubから可能です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる