Windows 11に最も要望の多かったスタートメニューのアプリフォルダ機能が導入へ

Windows placeholder

MicrosoftがWindows 11のDevチャンネル向けの新機能として大量の新機能を開発中のようだとWindows Centralが伝えています。Windows 11の最後のDevチャンネルビルドが公開されてから、現時点で2週間が経過していますが、この休止期間の間に新機能の準備がすすめられていた模様。

新機能には、スタートメニューにアプリフォルダーを作成する機能、タスクバーのファイルのドラッグ&ドロップのサポート、レガシータイトルバーにおける新しいアクリル/ぼかし効果、新しいスナップUX「スナップバー」、タッチを使ってスタートとクイック設定パネルを開くための新しいジェスチャー等が含まれているとのこと。

スタートのアプリフォルダは、インサイダーから要望の多かった機能で、アプリのアイコンを他のアプリの上にドラッグするとフォルダが作成され、クリックするとスタートメニューのレイアウトを整理することができます。また「スナップバー」は、複数のアプリケーションウィンドウを、Windows 11の内蔵スナップグリッドシステムにスナップさせる新しい方法とされています。

その他、レガシーなタイトルバーの新しいアクリル/ぼかし効果は、Win32デスクトップアプリケーションで見られる白いタイトルバーのデザインを、Windows 11の半透明のインターフェイスにそろえるものです。

タブレットユーザー向けには、ディスプレイの下から上にスワイプすることでスタートメニューとクイック設定パネルにアクセスできる新しいジェスチャーが追加されます。

タスクバーもパワーアップし、新機能として、開いているアプリにファイルをドラッグ&ドロップする機能のサポート、溢れたアプリアイコンに対するより良いUI、デバイスをタブレットとして使用する際のタスクバーの自動非表示機能などが追加されます。

これらの機能は今後数週間で、Windows Insider ProgramのDevチャンネルに登場する予定だとされています。

スポンサーリンク