Windows 10の更新プログラムKB4023057がVersion 20H2に対応 - 次期機能アップデートの公開が近づく?

Windows 10 logo

Microsoftが、Windows 10の更新プログラムKB4023057を更新し、最新の機能アプデートであるVersion 20H2に対応した事がわかりました(Windows Latest)。

KB4023057はWindows Update Serviceコンポーネントの信頼性を改善し、機能アップデートを円滑にインストールための更新プログラムです。以前から存在しますが、Windows 10の機能アップデートの配信に合わせて更新版が公開され続けています。

KB4023057の主な機能は以下の通りです。

  • 更新プログラムのインストールを有効にするために、デバイスに長時間の起動状態を要求する場合がある。
  • 問題が検出された場合、更新プログラムはネットワーク設定のリセットを試み、更新プログラムの正常なインストールを妨げている可能性のあるレジストリキーをクリーンアップする。
  • 無効になっているか破損しているWindowsオペレーティングシステムコンポーネントが修復されることがある。
  • 十分なディスク領域を確保するため、ユーザープロファイルディレクトリ内のファイルが圧縮される場合がある。
  • Windows Updateデータベースがリセットされたり、Windows Updateの履歴がクリアされる場合がある。

Windows Updateで提供されていますが、全てのユーザーに対して提供されるわけではなく、必要に応じて自動的にダウンロードされます。

KB4023057は、機能アップデートの公開にさきかがけて更新されるため、Microsoftが21H1アップデートの準備をしている可能性があると見込まれています。これまでの情報によると、21H1は2月か3月にWindows Insiderにリリースされるのではないかと予想されています。