AirTagの「幻の警告」がユーザーを悩ます

Apple airtag front and back emoji 2up 042021

Appleは、アイテムトラッカー「AirTag」を安全に使用するための機能の改善を進めています。

元々類似製品よりも高度な追跡防止機能を搭載していましたが、発売以後も、ストーカー対策や、プライバシー機能を改善するため改良が続けられているのです。しかし、今回このAirTagで、ユーザーを悩ます「幻のAirTagアラート」と呼ばれる現象が発生していることがわかりました(9to5Mac)。

iOSの初期設定では、自分の近くで他のユーザーのAirTagが検出されるとiPhoneにアラートが送信されます。しかし、Wall Street Journalによると、自分の近くには全く存在しないAirTagの警告をユーザーが受けとる現象がここ数週間発生している模様です。

影響を受けたユーザーは警告と共に、AirTagの存在が予想される場所や、経路のマップを受け取りますが、この地図にはユーザーの位置から放射状に伸びる直線上の赤い経路が描かれており、実際にはありえない動きを示しているようです。

Appleの広報担当者は同社が問題を認識していることを確認し、iPhoneがWi-Fi信号を受信し、一時的に位置情報サービスが混乱したことが原因である可能性があると説明しています。また、人口密度の高い地域では、近くの人が所有するAirTagが不要なアラートを発生させている可能性もあるそうです。

AirTagを使用したストーカー行為は実際に存在し、Appleは今後もAirTagの安全性を高めるための取り組みを続けていく必要がありそうです。