AirTagの電池残量を確認する方法

IMG 8869

Appleの紛失物トラッカー「AirTag」。

財布や鍵など重要なアイテムに取り付けておき、アイテムの紛失を防ぐことができる便利なアイテムですが、バッテリー(リチウム電池CR2032)の残量がなくなっているといざという時に役に立ちません。

バッテリーが少なくなってくると、iPhoneにお知らせしてくれますが、長期の旅行等の前には、事前にバッテリーの残量をチェックしておきたいという方もいると思います。

以下AirTagのバッテリー残量を確認する方法を説明します。

「探す」アプリで確認可能

AirTagのバッテリーはiPhoneやMacの「探す」アプリで確認可能です。

Airtag battery

「探す」アプリを起動し、以下の手順を実行します。

  • 「持ち物を探す」タブを選ぶ
  • 自分のAirTagを選択
  • 表示されたバッテリーアイコンで残量を確認

正確な残量は分かりませんが、大体の残り容量は分かると思います。

まとめ

AirTagのバッテリー残量を確認する方法を説明しました。Appleは、AirTagのバッテリー持続時間に関し、1日にサウンド再生機能を4回、「正確な場所を見つける」機能を1回、日常的使用した場合に1年間使えると説明しています。1年が経過してバッテリー残量が気になっている方は一度確認してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク