Appleの新型チップの名前は「M1 Pro」と「M1 Max」か

New m1 chip

Appleは10月18日(現地時間)に開催するイベントで、新型のMacBook Proを発表すると見込まれています。発表まで24時間をきっているなか、次世代Macに搭載されるチップの名前が「M1 Pro」および「M1 Max」である可能性を示す新たな証拠が見つかったことがわかりました(MacRumors)。

新型のMacBook Proに搭載される次世代のAppleシリコンは、8つの高性能コアと2つの高効率コアからなる最大10個のCPUコア、16および32コアのGPUコアを搭載すると予想されています。名前に関しては、M1の高性能版ということで「M1X」や「M2」が有力視されてきました。

しかし、Bloombergの著名編集者Mark Gurman氏は、ニュースレター「Power On」の最新号で、ある開発者からアプリのログを得たところ、これらと異なる名前が記録されていたと説明しています。アプリのログには、新モデルの画面解像度が、macOS Montereyのベータ版に含まれていたのと同じ3024×1964ピクセルと3456×2234ピクセルであり、チップの名前は「M1 Pro」と「M1 Max」であることを示す情報が記録されていたそうです。

ただし、Appleはこれまで、ベースラインのチップのアップグレード版を表現するために、チップ名に「X」や「Z」を付ける命名規則を採用しており、最終的にこのような混乱を招く可能性のある命名方法を取らない可能性もあるとのことです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる